STAFF BLOG STAFF BLOG

STAFF BLOG

2021.01.10 動画制作

Premiere Proでモーションブラーをかける

Premiere Proでモーションブラーをかける
モーションブラーをオブジェクトにかけるとよりリアルなアニメーションになります。 ちなみにAfter Effectsでは画像のようにモーションブラーをかけたいレイヤーのボックスをクリックすると設定できます。 プレビューする場合は上部の「モーションブラーが設定されたすべてのレイヤーにモーションブラーを適用」マークをクリックしてONにします。青色になっているとONの状態です。

トランスフォームを使ってモーションブラーを表現する

Premiere ProにはAfter Effectsのようにクリックだけではできないのですが、「トランスフォーム」のエフェクトを使って簡単に表現ができます。 今回はロゴが左から出てくるアニメーションを作ろうと思います。 エフェクトパネルの検索バーで「トランスフォーム」で検索。 「ディストーション」の中にあります。 「トランスフォーム」の「位置」で左から右に移動する動きをつけます。 普段は「モーション」で位置を調節していると思うのですが、今回は「トランスフォーム」のエフェクト内で動きをつけます。 この際にキーフレームをデフォルトのリニアからイーズインをかけて、速度グラフを調節するとことでよりスムーズな動きになります。 ではいよいよモーションブラーの部分です。 まずは「コンポジションのシャッター角度を使用」のチェックを外します。 「シャッター角度」を設定することでモーションブラーをかけることができます。 今回は「180°」にしました。AfterEffectsでもデフォルトは180°です。 シャッター角度を大きくすればするほど、大きいぶれになります。

関連記事