gulpをインストールするため、MacにNode.jsを構築したので、その手順を記載します。

インストールの流れ

  • Homebrewをインストール
  • nodebrewをインストール
  • 最後にNode.jsをインストール

まずは、Homebrewのインストール

Homebrewは、Mac用のパッケージマネージャで、ツールのインストールなど諸々管理するものです。
インストール自体は、こちらの開発元のサイトに記載の通り、
https://brew.sh/index_ja.html

下記のコマンドをターミナルに打ち込む事で、インストールできます。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"
インストール後は以下コマンドでHomebrewのバージョンが確認できます。

brew -v
Homebrew 2.4.0
Homebrew/homebrew-core (git revision 3d54e; last commit 2020-06-20)

続いて、nodebrewのインストール

nodebrewは、Node.jsのバージョン管理ツール。
複数のバージョンのNode.jsをインストールしたり、切り替え等々ができるツールです。
Homebrewをインストールすると、brewというコマンドがつかるようになるので、
そのコマンドでインストールします。

brew install nodebrew

インストール後は、以下のコマンドで、バージョンが確認できます。

nodebrew -v
nodebrew 1.0.1

Usage:

    nodebrew help                         Show this message

    nodebrew install <version>            Download and install <version> (from binary)

    nodebrew compile <version>            Download and install <version> (from source)

    nodebrew install-binary <version>     Alias of `install` (For backword compatibility)

    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>

    nodebrew use <version>                Use <version>

    nodebrew list                         List installed versions

    nodebrew ls                           Alias for `list`

    nodebrew ls-remote                    List remote versions

    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions

    nodebrew alias <key> <value>          Set alias

    nodebrew unalias <key>                Remove alias

    nodebrew clean <version> | all        Remove source file

    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew

    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version

    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Example:

    # install

    nodebrew install v8.9.4

    # use a specific version number

    nodebrew use v8.9.4

最後に、Node.jsのインストール

まずは下記のコマンドで、インストールできるバージョンを確認します。

nodebrew ls-remote

確認後、下記のコマンドで、任意のバージョンをインストールします。
{version}の箇所は、インストールするバージョンの置き換えてください。

nodebrew install-binary {version}

バージョンを指定せずに、最新版をインストールしたい場合は、下記のコマンドを打ってください。

nodebrew install-binary latest

安定版を取得する場合は、下記のコマンドを打ってください。

nodebrew install-binary stable

インストール時に、下記のようなエラーが発生した場合は、

nodebrew install-binary latest 
Fetching: https://nodejs.org/dist/v14.4.0/node-v14.4.0-darwin-x64.tar.gz 
Warning: Failed to create the file 
Warning: /Users/yoshimotohiroyuki/.nodebrew/src/v14.4.0/node-v14.4.0-darwin-x64 
Warning: .tar.gz: No such file or directory

ディレクトリを下記のコマンドで作ると解消されてインストールできました。

mkdir -p ~/.nodebrew/src

インストールしたNodeを有効化

以下のコマンドでインストールしたバージョン一覧を取得する。

nodebrew ls

確認後、必要なバージョンを下記のコマンドで設定する。

nodebrew use v8.9.4

最後に環境パスを通す

nodeが使えるように環境パスを通します。
macOS X 10.15 Catalinaからはzshがデフォルトになったので、zshでは以下になります。

echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.zprofile