WordPressのサイトを引っ越ししたり、コピーしたりする時に、従来は、FTPからテーマファイルをダウンロードして、データベースのデータをdumpして、引っ越し先のサイトで、プラグインの設定をやり直したりと、結構な手間がかかっていました。
All-in-One WP Migrationというプラグインを使うと簡単に引っ越しができたので、その手順を記載します。

All-in-One WP Migration

まずは移行元のWordPressにプラグインをインストールしてエクスポート


WordPressにプラグインをインストールして、有効化。
左メニューの All-in-one WP Migration > エクスポートで、エクスポート先をクリックすると、たくさん項目が表示されますが、無料版では「ファイル」のみ選択できます。FTP、Dropbox、GoogleDriveなどに直接エクスポートするには、有料版を購入する必要があります。
エクスポートすると、wppressという拡張子のデータがダウンロードされます。
またプラグインメニューの、「バックアップ」メニューからも、データがダウンロードできるようになっています。

移行先のWordPressにプラグインをインストールしてインポート

いよいよデータを移行先のWordPressにインポートしますが、ここでよくつまづくのは、アップロードファイルの容量制限です。
無料版の All-in-One WP Migration では、インポート時の最大アップロードファイルサイズが 512MB 未満と制限があります。
それ以上の容量のデータをインポートしたい場合は、有料版にアップグレードするか、エクスポート時に、「高度なオプション」から、
必要なデータのみエクスポートするなどの対応が必要です。
また、512MBまでアップロードができるといっても、元々のサーバのアップロード容量制限に引っかかる場合があります。
その場合は、以下の方法で、アップロード容量制限をアップすることができます。

  1. .htaccessファイルを更新する
  2. wp-config.phpファイルを更新する
  3. ホスティングプロバイダーに連絡する
  4. プラグインを使用する